むじかく様からのプレゼント

前回の記事の落書きにむじかく様がお話を描いてくださいました。
ありがとうございます!!!


ぜひ続きからお楽しみください。








もうすぐ花火大会が始まるとかで琴子とおふくろが煩い。
まるで俺の隣で花火が打ちあがっているかの如く、ポンポンポンポン会話がなされる。
何度実習があるからダメだと言っても「夜中まである訳じゃないでしょ」とか、妻は琴子だというのにおふくろから謎のクレームが入る・・・まあ、いつもの事だが。
根負けして「1度だけなら」と約束し、行く事にした。
琴子は一番最初の日の花火が見たいと言い、おふくろは早速雑誌とインターネットで調べる。
その花火は毎年木曜日に開催される足立区の花火という事になった。
昨年の人出が約30万人越えと聞いて頭が痛くなったが、一度も行かないで夏中文句を言われてはかなわない。
俺は「分かった」とだけ返事をした。

琴子が寝る間際までも「楽しみだねー」とはしゃぐ。
看護科のみんなも誘おうかなーと余計な事を言いだしたので、俺は「じゃあみんなと行けば!?」と言って布団に入る。
琴子は「入江くんとデートがいいの~」と俺の身体を揺すった。
さっき言った事と大分違うじゃねーかっ
「看護科メンバーとつるんで団体デートに付き合う気はねーよ」と言うと、「入江くんとだけがいい」と前言撤回するのでその証拠の為に身体を献上してもらった。
何が団体デートだ!!
鴨狩に浴衣姿を見せる気か!?
琴子は看護科の・・・小倉とかいう女が鴨狩を好きだというが、きっと琴子の勘違いだろうと思う。
何故ならばそれなら琴子以外に気付くからだ。
こんなに人の恋路に鈍い琴子が気付いて他のメンバーが気付かない訳がない。
それに・・・鴨狩のあの突っかかり具合は、昔の金之助を彷彿とさせる。
あの男は要注意だ。
俺は琴子に俺以外の男の事を考えさせない様にした。

結局花火を見に行くまでの間に琴子の恐れていた解剖実習があり、それに寄って琴子が信じていた小倉の鴨狩への恋心が勘違いだと分かってしまった。
そして鴨狩が俺に宣戦布告した―――もっとも、琴子は寝ていて知らないままだが。
「俺の方があんたより、ずっと琴子の事を考えてやれる!! あんたなんかよりすっと大事にしてやれるさ」
そう吐き捨てて鴨狩は医務室を出て行った。
何が俺よりずっと琴子の事を考えてやれるだ!!
こいつは・・・琴子は・・・俺しかダメな奴なんだよっ
俺は胸に燻る炎を抱えたまま、どうする事も出来ずいつも通りに日常を過ごした。

そして花火大会当日。
花火大会へ行く前に家に帰ると、おふくろから「はい、これを着て行ってね」と俺と琴子の浴衣を手渡された。
琴子はおふくろに着つけてもらうつもりだったらしいが、気を利かせた(?)おふくろが「お兄ちゃんも着つけ出来るからやってもらってね」と言い、俺達を寝室へ追いやる。
確かに・・・
去年琴子の浴衣を着つけ直したから、俺が着つけ出来る事は俺と琴子の共通認識だ。
俺は琴子の腰を抱きつつ「ほら、早く着替えないと遅れるぞ」と言って寝室へ促した。
本当はこのまま襲ってしまいたいが、おふくろの思うつぼにははまるまいと理性を総動員して浴衣に着替える。
しかし相変わらずな琴子が俺を無意識に煽った。
「い、入江くん。あたし、自分で着れるから大丈夫だよ。え、えーと確か下着付けないんだよね。今日ね・・・真里奈から」ととんでもない情報が飛び出して、俺の理性があっさりプツリと切れる。
クルッと後ろを振り向くと、琴子が慌てて浴衣を被って「い、い、い、入江くん。急に向かないでよ」と前を押さえる。
いや、そういう問題じゃないだろ。
「ま、ま、ま、前ってどっちを合わせるんだっけ??」
近づく俺に琴子は顔を赤くさせながら質問をする。
前!? どっちでもいいだろ、そんな些末な事。
俺は琴子の浴衣の前を開けて、まず下着の有無を確認したのだった。
「下着は要らないだろ」
yukatamoguri.jpg

そう言って、さっそくブラを外し・・・気付けば花火の最初どころかこれから行っても花火の終わりに間に合わない時刻になっていたのはお約束で・・・。
寝室のドアを開けたら、相変わらず用意のいいおふくろが線香花火の束を廊下に置いていたのだった。
「これでもするか。これなら折り畳み椅子に座って出来るだろ」
そう言った俺を琴子は真っ赤な顔をして睨んだのだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
main_line
main_line
プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。

web拍手
誰得なメイキング拍手です
リンク
pictlayer
カウンター
online: ご訪問ありがとうございます。キリ番だったらぜひ申告してみてくださいね。
面白い語呂が思いついたカウンターナンバーの自己申告もお待ちしております! イラリクお受けしますので~。
フォームメール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Re (6)