プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。


web拍手


リンク


pictlayer


カウンター

online: ご訪問ありがとうございます。キリ番だったらぜひ申告してみてくださいね。
面白い語呂が思いついたカウンターナンバーの自己申告もお待ちしております! イラリクお受けしますので~。

フォームメール


■ 一言 2017.8.16■

診療案内、鋭意編集中です。

パソコンが壊れて、使うソフトも思い切って変えて、マニュアル片手にやっていますが、9年前のようにすいすいと行かず…自分の老いに出会ってしまったような感じ…。でも、イタキス原作読んでると変わらずドキドキキュンキュンできるので、それだけが救いかも( *´艸`)
イラスト部ではこういう投稿が出来ないのでpixivに。

大好きなイタキスサイト様へのお祝い絵の元絵です。


「お、お前。」
うっかり突っ込んでしまった指をすぼめて、琴子は後ずさりした。
「あの、ちょっと喜びすぎちゃったかも。」
「まぁ…仕方ない。事故だからな。」
「ごめんね…。」

直樹は自分の鼻をつまんで反省している琴子をちらりと見た。
反省しているようなのだか、口元にはイタズラな笑みが浮かんでいた。

「なんだよ」
「あ、ううん。なんでもないの。いつもと逆の立場になってちょっと面白いなぁって」
うっかり言ってしまってから、琴子ははっとした。

目の前の旦那さんが口角を少し上げて、獲物を狙うような瞳で見つめていた。
「ふぅん。いつも、ナニ してるんだっけ?」

さぁぁっと顔が蒼くなったかと思うと頬が真っ赤になった。


(終)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


title=!--/trackback--div id=!--prevpage--%tb_nonbsp;|comment[no] type=a href= a href= Name value= title=