プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。

web拍手

誰得なメイキング拍手です

お暇な方はどうぞ♪

リンク

このブログをリンクに追加する

pictlayer
カウンター
online: ご訪問ありがとうございます。キリ番だったらぜひ申告してみてくださいね。
面白い語呂が思いついたカウンターナンバーの自己申告もお待ちしております! イラリクお受けしますので~。
フォームメール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
Re (6)
02/03(Tue)

節分の日 裕樹恵方巻をまく

「あら、裕樹ったら上手じゃない?!」
「ほんと、ほんと‥私より本当に上手!」
ママと琴子が僕が巻いた恵方巻きをみて声を上げた。
当たり前じゃないか。一度教えてもらったら、こんなの簡単だろ?
どうやったらこんなひどい有様になるのが‥それがわからない。
完璧に巻かれた僕の恵方巻の横にはぐちゃぐちゃの恵方巻きのような物体が置かれていた。
冷蔵庫を眺めていたママはエプロンをはずして、財布を手に取った。
「あらぁ、肝心なものがなかったわ。一寸お買い物にいってくるから、今あるもので作っててね。」

こうして、台所に琴子とふたり残された。
「どうして私って‥」
がっくり肩を落とした琴子‥。あーもう。
まぁ、琴子じゃ仕方がないよ。ま、一緒にやっていて琴子なりに頑張っているってことだけは分かった。


「まぁ、一応恵方巻き‥の形はとどめているから、琴子にしてはまあまあ出来たほうじゃない?」
柄にもなく慰めてみた。いつもなら貶したままにしておくんだけど‥どうやら豆まきで僕のイジワル鬼が一寸優しい鬼に変身したみたいだ。
途端に琴子は、ぱあぁっと笑顔になり、そしていきなり僕を抱きついてきた

!!!!!

「裕樹くん!ありがとう!いつもは鬼のようにイジワルなのにっ今日はなんて優しいの。」
ひ、貧弱とはいえ、やわらかい感触の二つのふくらみが鎖骨下辺にあたり、かぁぁっと全身が真っ赤になったような気がした。
いや、気がしたんじゃなくて顔は耳朶まで真っ赤になってる。
耳朶‥。
途端に、前にうっかり覗いてみてしまったあのシーンがどっと蘇って‥。

「なにやってるんだ。」
僕はその声を聴いた瞬間、一瞬にして血の気が引いた。お兄ちゃんだ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ