プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。


web拍手


リンク


pictlayer


カウンター

online: ご訪問ありがとうございます。キリ番だったらぜひ申告してみてくださいね。
面白い語呂が思いついたカウンターナンバーの自己申告もお待ちしております! イラリクお受けしますので~。

フォームメール


■ 一言 2017.8.16■

診療案内、鋭意編集中です。

パソコンが壊れて、使うソフトも思い切って変えて、マニュアル片手にやっていますが、9年前のようにすいすいと行かず…自分の老いに出会ってしまったような感じ…。でも、イタキス原作読んでると変わらずドキドキキュンキュンできるので、それだけが救いかも( *´艸`)
かなり時間が経過したイリコトです。

大切な人を亡くされたかたは…読まないでくださいね。

漫画のプロットで降ってきたのですが、久々文字にしてみます。



itakisstuyu2012.jpg


冷たい雨が降っている。
梅雨なのに、11月のあの時の雨のように。

何年たっても…家族が一人増え二人三人と増え、やがてその子どもたちも巣立っていった。
子どもたちが孫を連れて帰ってくるようになっても、アイツは昔のように

「入江くん」

と、俺を呼んだ。
だから孫たちも「入江くん」と「琴子ちゃん」と、呼んだ。
この齢で小さい子どもに「くん」「ちゃん」付けで呼ばれるのは気恥ずかしい気がしたが、お互い皺が増えた顔で笑って返事をした。

「こら、「琴子」って呼び捨てていいのは「入江くん」だけだから。ちゃん付けで呼ぶんだぞ。」
「はぁい」



琴美の次女、琴恵は琴子にとてもよく似ていた。
小さい頃の琴子がきっとそうであったように、素直で元気で少し要領が悪くて…でも一度決めた事はなんとかしてやり遂げる。そんな娘だった。

「わたしも「琴子ちゃん」とおんなじお仕事したいの!」

と、看護科を目標にして頑張り、見事合格した時には琴子は年を忘れて昔みたいに飛び上って喜んでいた…。

「孫の入学式にでるなんて馬鹿婆よねぇ…と思っていたけれど、琴美は忙しいみたいだから私が代わりに入学式に行くわ。入江くんが来賓席にいるのも初めて見られるね!」
「じろじろ見るなよ。婆さんが騒いでると目立つから。」
「はぁい」


でも、入学式に琴子は現れなかった。

もしも病気だったら、絶対だれが何と言おうと俺が診て、最新の治療で病と対峙してそして勝利する。
もしも怪我や事故だったら、やっぱりだれが何と言おうと俺が執刀した。そして絶対死神を追いやる。




雨はあの時のように降っている。


お袋と親父が眠っている墓に小さい骨壷を納めたのに、実感はまったくない。
もしかすると、駅で雨に降られて泣いているのかもしれない。


「ちょっと駅までいってくる。」

「お父さん?何か買うものあるなら私が車出すわよ?雨だし。」

「……いってくる」

「お父さん?」


涙はとうに乾いてしまったが、心の中にはこの雨のように静かに冷たく降り続いている。

雨はまだ止まない。


(終)


すみません。
お祭りなのに、これがビジュアルでどーーんと降ってきました。

#多分、梅ちゃん先生の影響大です。暑い最中に洗濯物干しながらどーーーんと。
#すごいトーンをつかった漫画で降ってきました。多分コミスタで描くと失敗する…。

2回だけですが、参加させていただいてよかったです。
僻地で参加しても…地味なだけですが(汗)よかったです。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ Re: パスの件

おばちゃんさん
コメントありがとうございます!
「なかなか」!と合格点をいただいてうれしかったです!
他のサイト様のような素敵なテキストは生み出せないと思いますが…漫画プロットなら…行けそうな気がしてきました。

そしてパスの件分かりにくくてごめんなさい。
しかも呪文間違えてるし…。
分かっていただけて良かったです!

また気軽にコメントお待ちしてます!

■ Re: せつないですねぇ

はるいちばんさん
駄文にコメントありがとうございました。とっても嬉しかったです。
先ほどオリーブさんへの返コメにも書きましたが、コメントいただけると思ってなかったので!!

このお祖父ちゃんな入江くんが格好よく描ける画力が身についたら漫画にできるかもしれませんが…
トーンの件といいそれはかなり精進しないといけないようです。

原作読んでいると入江くんの愛情って分からないところで深いというか密度がありますよね。
そこがまた惹きつけるところなのだと思います。
普段のクールでそっけない態度はそことのバランスで。
実の所琴子も大騒ぎしつつも本質的にはそんな愛情を分かっている……と、思うのですが、それだと漫画が回らないので、わかるけど分からない!といったミスリードで大騒ぎしているのかなー。と…原作読み返すたびに楽しんでおります。

■ Re: タイトルなし

おりーぶさん~駄文にコメントありがとうございます。

某ドラマにがつーんと影響受けて落ちてきた漫画のプロットで、受け入れられるかどうか心配でした。
もうコメントなんて付かないだろうなぁと思っていたので、嬉しかったです。
ありがとうございました!

私も旦那さん大事にしたいといつも思ってますが…日々空回りしています。


さて今回は入江くんの方が残されるシチュでしたが、逆でちょっと妄想してみるとなぜか笑い話プロットしか出てこないのです。ゴーストママ的に入江くんが幽霊で現世にのこってる話しか思いつきませんでした。
妙にエピソードを美化して話したり、二人の思い出を3割増しぐらいで話す琴子に横で幽霊の入江くんが青筋立てて怒ってる…。みたいな・・・。
こっちの方が漫画にはしやすそうです!!

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


title=!--/trackback--div id=!--prevpage--%tb_nonbsp;|comment[no] type=a href= a href= Name value= title=