Embrasse-moi

ただの主婦が好きな漫画やアニメの二次創作置く僻地ブログです。

空白の誕生日 fin

蝋燭も消えて、窓からの月明かりがほのかに照らす部屋の中で、
何度となく琴子へのキスを繰り返していた‥。

うっとりと目を伏せる琴子への何度目かの唇へのそれが、
より熱を帯びたものに変わりそうな時、ドアの向こうから
がさがさと音がして、突然ドアが開いて誰かが倒れこんできた。
!!!


「んもぉパパが押すからぁ」
「いや、やっぱりこうやって年頃の娘さんの部屋を覗くのは
 良くないって」
「パパだってのぞいたじゃない!!]


部屋の電気のスイッチを入れると、ビデオカメラを片手に持った
お袋と親父だった‥。なんでこう家族に邪魔されなきゃいけない
んだよっ。

「お袋‥」
「お、おにいちゃん、ご、ごめんなさいっ。琴子ちゃんの
 かわいい計画の準備を見ていたら、どうしてもビデオに収めた
 くなって!」

しょうがないお袋‥。
でも、お袋と親父がいないと俺もいなかった‥
琴子とも会えなかったんだと思うと、今日は怒る気も失せてくる。

「もう日付は変わったけど、お袋、産んでくれてありがとう‥な。
 でも、覗いたりビデオとったりするのはいい加減やめてくれ。」

「お、お兄ちゃん????」
お袋は俺の言葉に驚いて目を見張る。
うっすらと涙がにじんでいる。


「じゃ、琴子‥お休み。来年も誕生日宜しくな。」
耳元で
「続きは初夜で」
とささやいて、お袋たちに見えないように耳たぶを甘噛みする。

「あら、いいのよ私たちはもうお邪魔しないからー。
 今日は琴子ちゃんとベッドのスプリングの具合をみても
 いいのよぉーー。」

「お、お義母さまっ!!!」
琴子が茹蛸のように真っ赤になる。
「ママ、それはいくらなんでもあからさまなっ」
さすがの親父も真っ赤になってお袋の口をふさぐ。





「それは、新婚旅行帰ってきてからじっくり具合見るから。」


fin


やっと見つけてすっきりした☆

周辺の祭りに盛り上がっているその頃の自分がむしょーに懐かしいです。
やっぱり人生一期一会…。その時を同じくしていることに感謝して過ごしていきたい。
スポンサーサイト

4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.05.19 21:20 | | # [edit]
えま says..."コメントありがとうございます!"
ゆっこさん、コメントありがとうございます。
パスワード…もしよかったら、←の方にフォームがございますので、
お手数ではありますが、こちらで申請していただけますと嬉しいです!

これからもニタニタしていただけるようなものがかけますように!
2009.04.01 18:18 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.03.28 23:45 | | # [edit]
ゆっこ says..."こんばんわ"
こんばんは。
イタキス祭りからたどり着き、楽しんで読ませていただきました。
想像してニタニタしっぱなしです。
これからも楽しみにしていますね。
パスワード発行が可能でしたら、よろしくお願いします。
2009.03.23 19:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://irikoto.blog55.fc2.com/tb.php/41-6896611e
該当の記事は見つかりませんでした。
Aprp style=h4