プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。


web拍手


リンク


pictlayer


カウンター

online: ご訪問ありがとうございます。キリ番だったらぜひ申告してみてくださいね。
面白い語呂が思いついたカウンターナンバーの自己申告もお待ちしております! イラリクお受けしますので~。

フォームメール


■ 一言 2017.8.16■

診療案内、鋭意編集中です。

パソコンが壊れて、使うソフトも思い切って変えて、マニュアル片手にやっていますが、9年前のようにすいすいと行かず…自分の老いに出会ってしまったような感じ…。でも、イタキス原作読んでると変わらずドキドキキュンキュンできるので、それだけが救いかも( *´艸`)
小話です…。


「じゃーん。入江くんみてみて!」

お風呂上りの琴子はこのくそ寒い2月の夜に下着姿で部屋に入ってきた。

「なんだよ。また太ったのか?」

不機嫌を装って眉間にしわを寄せて、そっけない返事をしたものの、
目は薄すぎる下着姿にくぎ付けになる。

shitagi-kotoko.jpg


「違うよー。新しい下着を買ったの!可愛いでしょ?」

琴子は無駄にくるくると回って見せた。小振りな胸が少し揺れる。

「なんだ、やっぱり太ったのか」

「違うの!!実は胸のサイズが上がったの!!AからBになったんだよー。アンダーは変わってないし」

「ふーん。よかったな」

「真里奈に教えてもらった、サイズアップのストレッチが効いたんだと思う。」

内心は俺のおかげだろう。と思いつつ、手にしていた論文をめくる。

「この間、着替えているときに真里奈にカップ合わないんじゃない?って言われて、みんなで買いに行ったの。」

「みんな…ね。」

「このキャミはねー、ごてごてレースよりシンプルな方がいい!って幹ちゃんのアドバイスで選んだんだよ。」

「へぇ…」

直樹は明日からの医学部の入試の手伝いのためにふつうに寝るつもりだった。のだが…

「ったく。早く寝ようと思ったのに。」

「あっ、ごめんごめん。もうお披露目終わり。実はパジャマをココに忘れただけなの~♪
 鏡の前で試着するつもりだった下着しかなかったから着てきただけなんだ。」

琴子はベッドサイドに畳んでおいてるパジャマをもつとクローゼットの方に向かった。

「どこいくんだ?」

「だって、ここでキャミ脱いでパジャマ着るの恥ずかしいじゃない。」

「俺しかいないのに?」

「入江くんが居るからじゃない~。恥ずかしいよ」

そう言うと、琴子はウォークインクローゼットの中に入った。

直樹は琴子の羞恥心がずれまくっている事に呆れながら、ベッドから降りるとクローゼットの琴子を捕まえて抱きかかえた。

「あのさぁ。いまさら恥ずかしいはないだろう。」

琴子はバタバタしながら身をよじる。

「わっ、きゃ…い、入江くんっ。あ、明日入試のお手伝いで早いでしょ?だめだよぉ」

なんで、早いのわかってて煽ってんだよ…と心の中でつっこんでみたものの、口はもうすでに琴子の耳朶を甘噛みしていた。

「あっ、ひゃっ…」

「だって、夫としてサイズは確認しておかないと。」

「……ぇ…あ」

















翌日、直樹は寝不足ながらも試験監督の手伝いをうたたねすることなく完璧にこなしたが、休講の琴子は遊ぶ約束に大幅に遅刻したうえに、映画館で爆睡したのだった。


どっとはらい。





ちなみに琴子は寝るときはブラしない派です。
ここではブラとショーツとセットで買って、キャミとショーツだけ着てみたのです。
翌日新ブラと合わせるために…。


でも、多分全とっかえとなってしまったことでしょう。



こんな落書きと小話でにげてごめんなさい~。
スポンサーサイト

コメント

■ Re: はじめまして。

keikoさん、コメントありがとうございます♪
えぇ??僻地にいらしてくださっていたとはっ。ありがとうございます。
可愛いと過分のおほめをいただきましたが、おバカで稚拙なお話ばかりで…恐縮です。

先程keikoさんのお宅におじゃまして「約束」を読み進めております。
自分は原作隙間やとんでもない設定の妄想しかしていないので、地に足付いたifのお話、改めてドキドキしながら読んでいます。

オススメ漫画、まだ手に取ってませんが是非読んでみます。
お嬢様とお読みになる漫画私からも進めさせてください!最近アニメが放映中ですが「琴浦さん」
おひまでしたら是非!

あと、有名すぎですがお嬢様となら「ヘタリア」も!

■ たまちさん、スイッチ入りっぱの一言でつい「妄想」ひろがります

たまちさん、こちらこそいつもコメントありがとうございます。
いつも、この法則に気が付かないからあられもない姿でつい出てしまうんですね…。
先程、玉子さんへのコメレスでも書きましたが、このパターン多いんです。

この僻地の黄金パターンwwということで。
ご指摘の通り、スイッチは色んなキーワードで入りますww

■ 玉子さんの爆笑いただきです!

玉子さん、バスの中で読んでくださったのですか?きょ、恐縮ですww
無自覚でずれまくっている琴子は入江くんにとっては最高の奥さんでは。
まさに鴨葱だったでしょうね。

そうなんです。うちの琴子ちゃんは新しく買った衣類は入江くんからだめだしされるんですよね。
大昔に書いた駄文「ワンピース」でもそうでした。他何回このパターンで書いたでしょうか…すみません。ワンパターンで。

あと羽根トーン…への温かいコメントもありがとうございます。
だれからも突っ込まれず、あちゃーとおもっていたので嬉しかったです。
あれは偶然の産物なのですが…何度やり直してもあそこに羽がヴァサッと…。もう天命だとおもってUPしました。
では、差し替えなしでww

■ YKママさん

YKママさん~コメントありがとうございます♪

入江くんの背後の色、ご指摘通りだと思います!!そしてサイズUPは入江くんのハンドテクの賜物ですよ。はいww

サイズ確認の割に違う場所もしっかり調べて夜は更けていったことでしょう~ww

いつか邪悪ピンク背負った入江くんも落書きしたいです。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


title=!--/trackback--div id=!--prevpage--%tb_nonbsp;|comment[no] type=a href= a href= Name value= title=