プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。

web拍手

誰得なメイキング拍手です

お暇な方はどうぞ♪

リンク

このブログをリンクに追加する

pictlayer
カウンター
online: ご訪問ありがとうございます。キリ番だったらぜひ申告してみてくださいね。
面白い語呂が思いついたカウンターナンバーの自己申告もお待ちしております! イラリクお受けしますので~。
フォームメール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
Re (6)
10/16(Wed)

台風の夜は

台風の夜の落書きです♪

お暇でしたら~(*^^*)
img20131016_014458.jpg
「雨と風の音…。凄いね…なんだか気になって」


201310161240182cd.jpg

「そうだなぁ、こんな夜なら声我慢しなくても大丈夫だなぁ」


「……ぇ?」

「大学も休校だから寝坊出来るしな。」

「ぁ…」

琴子の真似をして枕を抱えていた直樹は、枕を元の場所に戻すと琴子の傍へにじり寄った。

悠然とした笑みを浮かべて近づいてくる直樹に一瞬見惚れたものの、琴子は我に返って後ずさりをした。

「琴…っ」

愛しい妻の名を口にして抱き寄せようとした直樹に琴子は持っていた枕を押し付けた。
直樹は枕に息が止まるくらいの接吻をする羽目になった。

「…っは…お前、いきなりなにを。」

「そんなに私、声出してないもん!!!」
頬を膨らませて、反論する琴子だったが、そんな姿が直樹の心を沸き立たせるとは知るはずもなく…。

「じゃ、出てるか出てないか余計試してみないとな。」




☆☆☆

今までに聞いたことがないような風の音に雨音。
裕樹は独り布団をかぶり、そして目が冴えていた。

いや耳も…。

外の台風の風雨の音に混じって、猫が甘えた声で鳴いているような…人の鳴き声のような音が混じっていた。

「ががががが…ドンドン…ぁ~…んガガガガッが ぃ……やぁばさばさばさ…」




☆☆☆

外から雨の音が消え、風の音が響く。
普段なら通学途上の時間に夜よりも凄い雨量と風速をもたらした台風は、また自身もスピードを上げ、関東から遠ざかりつつあった。

うっすらと日も差して来た頃、裕樹はキッチンで自分のマグカップにミルクを注いだ。

冷たい牛乳を一口含み、マグカップを片手にテレビのあるリビングへ移動した。

するとほどなくして兄夫婦が降りてきた。
兄は台風一過の青空のような晴れやかな顔をして。
義姉はどう見ても寝不足でけだるそうな表情で兄のうしろからついてきて、見たままの通りだるそうにソファーに腰かけた。

台風の通過後多少なりとも温かな風が隙間から入っているらしく、半袖でも十分過ごせる室温なのに義姉はロングスカートに長袖シャツ。しかもシャツのボタンは上から下までしっかりと留っている。

テレビからは台風の被害を伝えるニュースが続いていた、各地に酷い爪痕を残していったようだった。
座った足を珍しく組んだ義姉の足首からちらりと、薄赤い小さな痣のようなものが見えた。

~此処にも猛烈な台風が過ぎ去ったんだな~

と、不謹慎なことを考えてしまい、裕樹は危うく牛乳をふきこぼしそうになった。

~いやちがう!過ぎ去ってないな…。要するに勢力を保ちながら絶えず傍にいるんだ。~


スポンサーサイト
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
 

Re: タイトルなし

YKママさん、コメント返信遅くなりましてすみませんでした。
お話、、すこし書き足しましたよ。やっぱり裕樹君をひっぱりだしてしまいました。
多分高校生ぐらいの時には、この兄夫婦から刺激受けていろいろ悶々としていたのかなぁと
そっちの方向にも妄想が広がります。

YKママさんが書かれた「毎回”今年一番”」
くうぅぅ。これどこかで使わせてください!!!

 

Re: 続きを・・・

sayuさんコメントありがとうございます。
ご要望をうけて少しだけ描き足してみましたが、いかがでしょうか??
やっぱり台風でも琴子の声がかき消されないって…もしかすると裕樹くんの聴力が凄いのかもしれません。

 

Re: こんにちは♪

たまちさん、コメントありがとうございます。

今週も台風が迫っているので、琴子ちゃんが身構えている姿が目に浮かびます。
大変な人々がいらっしゃる中不謹慎で申し訳ないです。
空想の中の台風話なのでどうかお許しくださいね。

多分入江くんは琴子が抱えている枕がYesNo枕に見えて、しかもYes側を見せて抱えているように見えるのだと思いますww

 

Re: タイトルなし

佑さん、コメントありがとうございます。
やっぱり入江くんは入江くんなのでございますww

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ