プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。


web拍手


リンク


pictlayer


カウンター

online: ご訪問ありがとうございます。キリ番だったらぜひ申告してみてくださいね。
面白い語呂が思いついたカウンターナンバーの自己申告もお待ちしております! イラリクお受けしますので~。

フォームメール


■ 一言 2017.8.16■

診療案内、鋭意編集中です。

パソコンが壊れて、使うソフトも思い切って変えて、マニュアル片手にやっていますが、9年前のようにすいすいと行かず…自分の老いに出会ってしまったような感じ…。でも、イタキス原作読んでると変わらずドキドキキュンキュンできるので、それだけが救いかも( *´艸`)
本文に画像を追加してみました。久しぶりに描きました巨乳琴子…(^o^;)>
【歓声は控えめに…】



四年に一度のこの季節、我が家はなぜかTV局のオリンピックスタジオのような有様に変貌を遂げる。ソファーには大会マスコットが置かれ、TVからオリンピックの映像が絶えず流れている…。
そして壁にはお気に入りの選手の写真が引き伸ばされて飾られまくっていた。

直樹はため息をつくとソファーのぬいぐるみをよけ、身体を沈めた。
もう0時を回ったというのに、紀子が編集した今日のハイライトが大画面に延々と映し出されていた。

【紀子特別編集!これを見れば患者さんとの話がはずむバンクーバーオリンピックハイライト】
N○Kのハイライトとはまた違う内容で、確かに観ていればテレビにかじりついている入院患者と話が合わせられる代物だった。
「お義母さんってホント才能あるよね。」
「無駄なことを…」
琴美はすでに自分の部屋で寝息を立て、紀子は早朝の生中継のためにといって早々と寝ていた。
リビングには今日はお休みだった琴子と疲れて帰ってきた直樹のふたりきりであった。

「琴美もついさっきまで、真央ちゃんの真似!とかいって踊ってたのよ。」
琴子がホットミルクとコーヒーを持って、キッチンから現れた。
冬物の地厚なパジャマの襟元はいつも通りはちきれんばかりだ。
よいしょっの掛け声でその胸元が揺れ、琴子は直樹の横へ。

「あんまり夜ふかしさせるなよ。」
「は、はーい。明日から気をつけるね。私も調子に乗って一緒にスピンとかジャンプしてみたの」
直樹は運ばれたコーヒーを無言で口元へと運んで琴子の話に耳を傾けていた。一瞬吹きかけてが、平静を装い声を掛ける。もちろんそっけなく。
「そしたらね、琴美がグルジアのなんとか選手みたい!って。」
「エレーネ・ゲデバニシビリ選手だろ。」
日中、何度となく聞かされた選手の名前をさらりと口にした。
「そうそう、そのお嬢さん。かわいそうに胸が大きくてスピンもジャンプの時も大変そうだったの。」
「たしかに。」
「って、観たの??入江くん仕事中だったでしょ?」

回診のとき男性患者に当たると、必ずワンセグで録画した画像を見せられて「先生、この娘と琴子ちゃんどっちが大きいでしょうかねぇ」と質問され続けたことを直樹はあえて言わなかった。
「休み時間だったからたまたま見ただけだ」
「観たなら話が早いわ、転んだ時も胸でバランス崩した気がしない??ゲジゲジムシ選手」
琴子は同じ境遇?胸の彼女に親しみを持ってしまったらしい。
が、名前までは覚えきらないらしい。
「だから、エレーネ・ゲデバニシビリ」

実はお前と同じGカップだ…という言葉を直樹は呑み込んで、空になったコーヒーカップをサイドテーブルに置いた。ちょうどテレビでは赤い衣装を身にまとった彼女が胸を弾ませて演技を終了していた。

「転んだのはなにも胸のせいじゃないさ」
「でもね、しみじみとただ大きいだけじゃ邪魔になるだけだよなぁと思ったの。」
gorin1.jpg

「…」
「患者さんが胸のせいで血圧上げちゃったり、たまたま当たってベッドから落としそうになったり、何より赤ちゃんの頃琴美を何度も窒息させそうになったし…」
「別に勝手に興奮したり、触ろうとしたりする患者が悪いだけでお前が悪いわけじゃないし」
「そうだけど…」
「琴美だって、十分スキンシップとりながら、母乳育児出来ただろ?」
「そうだけど…」

「そんなに落ち込むんだったら、その胸が役に立つことを証明して…もらおうか?」
直樹は琴子に向き直ると口の端をあげて笑い、彼女の手を取った。

真っ赤になった彼女は相変わらず逃げ腰気味になったが、黙って頷いた。
「ただし歓声は控えめにな」




(終)

gorin2.jpg

すみません。時系列めちゃくちゃです。
今年なのですが、多少ふたりとも若め設定&琴美幼稚園ぐらいな感じの設定。

ただ、入江くんにあのグルジアの選手の名前を云ってもらいたい…ただそれだけで書きなぐってしまった駄文です…。

今は某所の牛話は読めていないので、万が一金田一ネタがかぶっていたらすみません。
スポンサーサイト

コメント

■ 

紫苑さまこんばんは。
パス、堂々と書いてあるのですが…やっぱり難しいでしょうか?

パスの申請は
http://form1.fc2.com/form/?id=372201
こちらのフォームメールでうけております。
お手数をかけますが、よろしくお願いいたします!

■ 初めまして

初めまして紫苑と申します

イタキス大好きで色々なサイト様方のを拝見していてこちらに立ち寄らせて頂いてます。

とても素敵なお話ばかりで文才のある人を本気で尊敬です

パス付きのお話も読んでみたいのですがどうすれば良いでしょうか?
お手数ですが教えていただけるとうれしいです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://irikoto.blog55.fc2.com/tb.php/69-ebc9fab1

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


title=!--/trackback--div id=!--prevpage--%tb_nonbsp;|comment[no] type=a href= a href= Name value= title=