スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

彼女が水着に着替えたら…

2010.06.17(18:38)
某ブログから転載しますー。

初出:屋根裏の木馬もしくはイタズラにGOGO!!!! 2009.8.13

このシリーズは、もしも琴子が巨乳だったら…という設定での駄文&駄
挿絵です。
まずは加筆も訂正もせずそのままっ転載。

日記ブログに埋もれていたので発掘…。
この続きを書きたいなぁと。

琴子はもとちゃんを誘って水着を買いに………

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆









と、いう流れでどぞーーーーっ。





kyonyukotokot


「えっと、少しはみ出し気味なんだけど…どう?」

カーテンを開けて出てきた琴子は試着した水着の上にさっきまで冷房対策で羽織っていたパーカーを着こんで顔をだした。

「なにしてんのよ。ほらこんなポーズ取ってみて!」
と私がありがちなポーズをすると素直に真似をしてポーズをとる。

Gカップなビキニからこぼれそうな胸。すごいわあ…。

「//////(^o^;)
 いいじゃな~い。せっかくのその胸なんだからどかーんといかないと!」

「ほんと?」

「それ着たら、入江さんもきっとほれなおすわよ」

その言葉に琴子は安心したのか、微笑み返してから試着室のカーテンを締める。

に、しても琴子、いい胸してるわね~同じ女としてもどきっとしちゃったわ。
私ってもしかして百合の気があるのかしら…なんかドキドキしてきたわ…。

「よいしょ、こらしょっ」
カーテンの向こう側では何かを詰め込んでいる掛け声が…。

「ちょっと琴子、何よその掛け声は」

「ん、最近気合入れないとブラに収まらなくて。」

まっまだ成長してるのかしら…。入江さんったら。

「ね、もとちゃん。このあと下着売り場も付き合ってくれるかな?」

「いいわよー。セクシィな奴選んであげるわよー。」

「ありがとー!!!でも、このサイズだとつまらないよー。ほんと」





そのあと、ブラ選びも付き合ったなんて、入江先生には内緒よ。

(苦笑終)


スポンサーサイト

<<彼女は何も知らない… | ホームへ | K-i-s-sぬりえ♪>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://irikoto.blog55.fc2.com/tb.php/81-2478d225
| ホームへ |
プロフィール

ema-sque

Author:ema-sque
こちらはema-squeが自分の好きな漫画やアニメ、ドラマの妄想漫画やイラスト、妄想駄文を置くblogです。

イタズラなkiss、プリキュアシリーズ、連続テレビ小説シリーズ、日々読むマンガなどでも落書きしたり、つぶやいたりします。

だいたいは「いつまでもいりこと」と唱えながら妄想に浸りつつイタキスの落書きを描き散らしています。

ブログ内のイラスト画像、漫画、文章はすべて無断転載、複写複製禁止です。

ただし「お持ち帰りください」等の記述があるイラストに関しましては個人的に楽しむ範囲での利用はOKです。
よろしくお願いいたします。

web拍手

誰得なメイキング拍手です

お暇な方はどうぞ♪

リンク
pictlayer

カウンター

online: ご訪問ありがとうございます。
次のキリ番800000ゲットの方、申告してください!
うらあんないお持ちでない方にはプレゼントします。お持ちの方には次回の個人誌が出来たらプレゼントとさせていただきます!

フォームメール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。